ドールの服は古着屋で | リアルドールでバラ色の日々を……お金をかけて自慰を楽しもう!
menu

ドールの服は古着屋で

振り向いている女性

多くの学生寮は学生街の近くにあるものです。
そして学生街にはえてして古着屋があるもの……そう。同年代の女の子が着た服が!!洗剤や柔軟剤、芳香剤などのリアルな女性の匂い……それが私の目的でした。
私は授業をサボり、古着屋に向かいました。講義が終わって大勢が学生街へと移動する時間帯だと、見知っている女性と出くわす可能性が高いからです。もし出くわしたりすれば、変態扱いを免れません。
そんなことは絶対に避けなければならない……。私は息をひそめ、入店しました。店員から変な目で見られましたが無視です。
目当てのものは女の子っぽいワンピースでした。フリルがついた奴……と着せ替え人形でもする気分で服を選びました。
サイズ等をあらかじめ調べていたので選ぶこと自体はそう難しくはありませんでした。ワンピースだけではなく色々な服を買い、レジへ持って行く途中、声をかけられました。
「お前こんなところで何してんの?」
そいつは同級生の男、Aでした。
ヤバいところを見られた……私は驚いて半ば声も出せません。
そんな私にお構いなしに、Aは女モノの服が入ったカゴを見やり、こう言います。
「お前、女装とかすんの?」
……はあ?
「だから、その、女物の服買ってるからさ」
なにその発想……とAのカゴを見ると、そこにもどっさり女物の服が。
お前まさか!?