menu

記事一覧

白いブラウスを着ている女性

「リアルドールでバラ色の日々を……お金をかけて自慰を楽しもう!」の記事一覧です。

read more »

生活が一気に変わります!

白い服を着ている女性

男性に生まれて損ですか?

私は大学でジェンダー系の講義を受講していたのですが……そこで教授が仰っていたことが記憶に残っています。
「男性の性・セックスは脆弱である」
なにを根拠にそんなことを言っていたのか、授業を真面目に聞いていなかったのでわかりませんけど。でもちょっとだけ、理解出来ることがあります。
たとえば……。
男性の自慰のバリエーションって女性より少なくないでしょうか?

というのもこれは、不満なんかでは決してないのですが、女性のほうが色々と刺激する身体の部位が多くて、何だか男性に生まれて損な感じがします。
なんとなくセックスって女性が感じるもの……みたいな。そんなイメージがある男性も多いのではないでしょうか。
セックスもそうなのですから、自慰もそんなに面白いものではなくて、どうしても「処理」って感じがしてしまいます。
……これではいけない!!
こんなことでは性に関することが楽しくなくなってしまいます。人間の三大欲求の一つである性欲、楽しまなくては人生損ってものです。
では男性が自慰やセックスを楽しむ術はどのようなものがあるでしょうか。
口ばっかり理想的なことを言っていても始まりません、なにか方法があるのではないかとちょっと調べてきました。
自慰のバリエーションから使う道具、刺激する場所。女性とセックスするときに行なえば楽しいことなど。
脆弱とまでいわれてしまう男性の「性」、きっと楽しむ余地はまだあるはず……この記事ではそんな自慰・セックスの情報をお届けします!!


童貞も非童貞も楽しめる

世の男性の多くは初めは童貞でした。
童貞……その言葉に悩まされた男性は多いはずです。どういうわけかヒエラルキーになってしまう童貞・非童貞の問題。
処女は有難がられるのに、どうしてか童貞は白い目でみられてしまいます。
たかが女性とセックスしたか否か、それだけのはずなのに……。
そもそもこれは自分を受け入れてくれる女性がいたかいないか、という問題のはずなのです。非童貞の人はたまたま受け入れてくれる女性がいただけなのですから、そこに差はないはず。
……なんていうと僻みみたいに聞こえてしまうので言いませんけど!!
私の場合、童貞を卒業する際はそれは女性に感謝したもの……そうあるべきだとおもいません!?

すみません。少々熱くなってしまいました。
ですが、たかが女性と関係を持ったか持っていないかにこだわるのってなんだかな……と思うわけです。
重要なのは関係を楽しんだかどうかではないでしょうか。焦る必要もなければ、何をもって「成功」という話でもないのです。処女をコンプレックスに思っている女性も同じでしょう。
楽しむことを目的にすべきはずなのに、ヒエラルキーに直結してしまうのは悲しいことだと思いませんか?
もっと楽しいオナニーがしたい!!性処理ではなくもっと楽しいオナニーを……。
自分の場合はそう感じ、童貞を卒業する前にまずは充実した自慰を……と大学時代バイトに次ぐバイトでお金を貯めました。
……あるものを買うために。そう、それはリアルドールです。

リアルドールで変わる生活

リアルドール……この単語を遠いものに感じている方も多いのではないでしょうか。
もしかしたら知らないという人も多いかもしれませんね。ちょっとだけ解説を行います。
要するに等身大の人形のことです。多くはシリコンでできていて、最近はエラストマーというもっと人の肌に近い材質のものも増えています。
用途は自慰です。主に男性向けのグッズで、ダッチワイフよりももっとリアルなグッズであると言えます。
……それを齢19歳にして手にしてしまったのです。
きっかけはよく聞いているラジオのパーソナリティーが最近買った、という話を聞いたことでした。そんな思いつきで、40万円ものお金をリアルドールにつぎ込みました。
お金を振り込んですぐ、すこし後悔しました。これを購入するためにかなりの犠牲をはらいました。
友達からの誘いを断り……深夜のバイトのために寝不足のまま授業をうけ……そして夕方にはまた別のバイトに……。
貴重な青春時代をこんなものののために費やしてしまったが、これでよかったのか?そんな自問自答も商品が家に来ると吹き飛びました。
……女の子じゃん。
まさかこんなにリアルだと思いませんでした。お金をかけただけあって、かなりのクオリティだったのです。
一人暮らしの狭いアパートが一気にバラ色になりました。これもはや二人暮らしじゃん……来てすぐにそう感じました。

女性とのセックスも同じ

木にもたれかかっている女性

女性とのセックスに感じるマンネリも、一方的に気持ち良くなるのではなく道具などを使って相手を気持ち良くする工夫で解消できます。自慰のマンネリにはラブドールと、セックスのマンネリにはグッズを是非使ってみましょう。

read more »

マンネリ解消にはおもちゃ

アジサイに囲まれている女性

見栄からドールにアダルトグッズを使ってみることになったのですが、これが自慰のマンネリ解消に意外と効く!?自分から積極的に責めるというのがよかったのでしょうか。以外に良かったです。

read more »

ドールのためにグッズを?

両手で顔を覆っている女性

いつもの自慰に大助かりのドールですが、ひょんなことからアダルトグッズを彼女に使ってみることに。さて、余計な見栄から購入することになってしまったわけですが、どうなのでしょうか。

read more »

ドールの服は古着屋で

振り向いている女性

実際にドールの服を古着屋で購入する際は、近所の人や友達がいないような時間帯に行った方がいいです。でなければ恥をかいてしまうことに……。時間帯には気を付けましょう。

read more »

素晴らしきドールの存在感

緑のワンピースを着ている女性

ドールを購入してまず驚いたことは実際に女性がそばにいるような存在感でした。それだけで購入のかちがあるように思えたものです。お金を貯めてよかったと心から思いました。

read more »